グルテンフリーの意味とは

グルテンフリー(Glutenfree)とは

「グルテンフリー(Glutenfree)」、「グルテンフリーダイエット」、「グルテンフリー生活」、「グルテンフリー情報」など、最近グルテンフリーという言葉や情報をよく聞くようになりましたが、皆さんは、グルテンフリーの本来の意味をご存知でしょうか?

グルテンフリーとは、グルテンを摂取しない食事方法のことを言います。

では、グルテンとは、何なのでしょうか?

 

グルテンとは

グルテンとは、小麦や大麦、ライ麦、オート麦などに含まれる2つのたんぱく質「グリアジン」と「グルテニン」が結びつくことで生成される物質です。

小麦や大麦、ライ麦、オート麦などを原料にして作られた食品には、グルテンが含まれていると考えて間違いないでしょう。

パン、クッキー、オートミール、パスタ、うどん、お好み焼き、ピザ、ラーメン、、、など、他にもたくさんありますが、小麦粉などを原料にして作られた食品に、グルテンが含まれています。

お料理をする方なら、小麦粉を入れて作るものには、グルテンが入っていると考えると簡単です。

パン粉にも小麦粉が入っていると想像すると、とんかつやハンバーグにもグルテンが含まれていることが想像できます。

 

グルテンフリーが着目されている理由とは

グルテンを摂取しない食事療法(グルテンフリー)は、グルテンを摂取するとなんらかの体調不良が出る「グルテン過敏症」アレルギーを予防するために考えられた食事療法です。

グルテンに含まれているグリアジンがアレルゲンとなってアレルギー反応を起こすグルテンアレルギーは、小腸が過敏に反応して消化不良になったり、症状が重い場合は、セリアック病と言う病気になる人もいます。

グルテンフリーとは、もともと、このようなグルテンアレルギー症状の予防や改善のために考案された食事の方法のことなのです。

このグルテンフリーが着目されはじめたのは、セレブや有名人のグルテンフリーライフ情報が紹介されたことがきっかけです。

特に、グルテンを食事から省いたことで自分のパフォーマンスがよくなった情報を発表した、テニス界のジョコビッチ選手の話は有名です。

この発表がきっかけで、世界中にグルテン過敏症という病気の存在が広まりました。

また、グルテンフリーの生活をはじめたら、体調がよくなったと発表するセレブや有名人が何人もいたため、グルテン過敏症の自覚のない人の中にも、グルテンフリーを食事に取り入れる人が増えてきたようです。

 

グルテンフリー生活をこれから始めたい方は

小麦が含まれる食品を積極的に食べるのをやめるだけでも、グルテンの摂取量を減らすことは出来ます。

体調がどのくらい改善されるかは人それぞれだと思いますので、グルテンフリーの食生活を少しずつはじめてみて、様子をみるのもいいかもしれません。

小麦粉のパンを、米粉のパンに変えてみるとか、パスタを食べる時は、グルテンフリーのパスタを食べてみるとか、気軽にできることからはじめてみてはどうでしょう?

市販のグルテンフリーの食材なども、少しずつ増えてきています。

このサイトでは、グルテンフリーの食材の情報などもレポートさせていただきます。